仕事辞めたい…次の勤め先確保してから辞めましょう

 

 

https://createday.hatenadiary.jp/entry/2019/03/19/%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%81%AF20%E4%BB%A3%E3%81%BE%E3%81%A730%E9%81%8E%E3%81%8E%E3%81%9F%E3%82%89%E5%85%B5%E9%9A%8A%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%AE%E9%9C%80%E8%A6%81%E3%81%97%E3%81%8B%E3%81%AA

 

 

甘い言葉に乗ってはいけない

大丈夫。辛かったら辞めて良いよ。

体の方が大事だからね。

 

 

優しい謳い文句や態度を取る人がいますが、はっきり言って危険です。

仕事を辞める際は次の仕事を見つけてから辞めてください。

これは絶対です。

なぜ、次の仕事を見つけてから辞めるべきなのか。

それはとても当たり前のことですが、相手は営利企業です。

優秀な人(利益を生み出す人)を安く雇いたいと思っているはずです。逆に労働者側は自分の能力に対して、最も給料がもらえ、待遇の良い会社に入ろうとします。

そう考えた時に、いくら優秀であろうとも、現在仕事がなくて次の会社が見つからなければあえて死んでしまう様な人は足元を見られるわけです。

これは企業側もしめしめと思うでしょうね。

雇うか雇わないかはうちが決めること。

雇わなくても良いけど、貴方このままだと餓死して死んでしまいますよ?良いんですか?

うちに決めた方が良いかもしれませんよ?となりますよね。

本当に仕事が見つけらない人は切羽詰まっていますから、今すぐにでも内定が欲しいと思うはずです。

自ずと、足元を見られ、待遇の悪い企業しか内定がもらえなくなるのです。

この危険性しっかりと把握していますか?

 

仕事が辞めたくなって辞めるのは構いませんが、逃げた先は前よりももっと大変で待遇の悪い仕事になる可能性が高いです。

 

それでは仕事を辞めても本末転倒なわけです。

ですから、絶対に仕事辞めないで、転職活動をしてください。

逃げたら余計につらくなる

日本において、転職は握手と言わざる得ません。

ほとんどの人は待遇が悪くなります。転職をしてもいいのは20代までです。それ以上は兵隊扱いになり、一生上に行けないことになる可能性が高いです。

転職で給料を上げる人たちのことをジョブホッパーと言いますが、彼らは基本的にエンジニアや優秀なコンサルタントのような限られた職種であり、一般人ではありません。彼らのようにスキルを高めて転職という選択肢は一般的な職種ではまず不可能です。彼らのようにと、ネットに影響されて転職で給料を上げようとするのはあまりにも危険なので止めてください。

どうしてもつらい時は転職するしかない

ただし、どうしても辛い場合には転職するしかありません。ブラック企業で身を滅ぼしてしまう前に止めなければ、人生が本当に終わってしまいます。その場合には一刻も早く転職する必要があるでしょう。

しかし、また同じようなブラック企業に入ってしまっては意味がありません。

しっかりとなぜその企業がブラックで、どこが自分と合わなかったのかを分析して、転職先に生かしていきましょう。

そもそも転職は逃げの手段ではない

自分の適性に合わなかったより自分が活躍できる場所に移動するそれが天職と言うものです4的にブラック企業だから転職するのも確かにわかりますがそのブラック企業から逃げてもブラック企業では意味がないわけで多くの方は自分の人生の軸と言うものを三山に謝ってしまったあるいは自分の能力が生かすことができないために転職をする飲食はなるべく前向きな理由で行うことが望ましいと言うことです